こおりのすいぞくかん

氷の水族館

カチンコチンの氷で魚を包んだ珍・水族館

生鮮カツオの水揚げ日本一を誇る東北屈指の漁港である気仙沼港。暖流と寒流がぶつかり合う世界三大漁場である三陸・金華産沖で水揚げされた魚介類は、気仙沼の自慢のひとつです。そんな気仙沼にあるちょっとおもしろくて、ひんやり涼しいスポットが「氷の水族館」。

水族館といえども、魚たちが水の中で泳いでいる普通の水族館ではありません。また、氷で作った魚を展示している訳でもありません。「氷の水族館」では魚たちが氷の中に包まれて展示されているのです。展示室は氷が溶けだしてしまわないようマイナス20℃に設定されているので、受付で貸し出している防寒着をまとって中へ。まず入った瞬間に感じるのが、肌をさすような冷感。日常では体感しえない温度が体全体を包みます。寒さに驚いたあと目に入ってくるのが、色とりどりにライトアップされた氷の中の魚たち。水族館では三陸で獲れる46種・約600匹の魚たちを展示しています。漁港ならではの製氷技術で作られた氷は気泡がほとんどなく透明で、水と見紛うほど。

壁面や天井いっぱいに投影される、プロジェクションマッピングも幻想的な美しさ。魚たちが気持ちよさそうに海の中を泳いでいるような演出を楽しむことができます。外がどんなに暑くても、マイナス20℃の世界に入れば、5~10分で体の芯までひんやり。魚と氷と光が織りなす美しい空間と氷点下の世界でたっぷり涼んでください。

  • 卓越した製氷技術で氷に内包された魚たち。ライトアップで幻想的に

  • 館内中心にある、サンマが渦を巻くように泳ぐサンマトルネードは必見

  • 涼しげな氷の彫刻のホヤぼーや。宮城県民にも愛されるゆるキャラです

  • 地場の食材を使った料理が味わえる飲食店や土産物屋が多数入店

アクセス

交通

東北自動車道一関ICより車で約1時間10分

場所

〒988-0037
宮城県気仙沼市魚市場前7-13

TEL.0226-22-1291

営業時間

9:00~17:00

料金

大人500円、小学生300円