通信販売の決済方法は多種多様!個人でも団体でも支払いがスムーズ

通信販売は、多くの人に便利な買い物として活用されています。
通信販売を、利用するにあたって様々な決済方法があります。
様々な方法があって、消費者はどの方法が都合いいのか情報が入っていないこともあるでしょう。
商品によって決済方法が限られる場合もありますが、現在、通信販売で使用されている方法がどのくらいあるのかご紹介します。

決済方法は7通りもある!

通信販売ではサイトによっては、1つの決済方法であったり、複数の決済方法を選択できたりとバラバラです。その中でも決済方法の7通りを紹介します。

①クレジットカード

現金を持っていなくても、購入する事ができカードのポイントが付く事がメリットです。
しかし、未成年者やカード自体所持していない人は利用できません。

②代金引換

購入した商品と、代金を引換します。そのため支払いに関して販売側も、購入者も安心。
タイミングが合わなくて受け取りが無い場合は、一旦発送元に返されるため往復の送料、手数料がかかることがデメリットです。

③コンビニ払い

近くにコンビニがある場合は、24時間いつでも支払いを済ませる事ができます。
ですが、コンビニによっては、確定入金の日が異なるので手間が少しかかります。
コンビニ払いにするときは早めの支払いに行くと良いでしょう。

④後払い

商品を先に届けてもらい、確認してから代金を振り込めるため、商品に納得した上で支払いが出来るです。
しかし、販売者側にとっては代金の未回収の可能性があることです。

⑤キャリア決済

月々の携帯代金と一緒に決済する方法。銀行やコンビニに行く必要はありませんが、明細を確認しづらいので使いすぎには気をつけましょう。

⑥銀行振込

馴染みがある支払い方法なので安心。同一銀行宛の銀行なら、手数料はかかりませんが 違う銀行なら手数料が発生する場合があります。ですが、銀行の営業時間が短いので限られた時間内の支払いとなります。

⑦デイビットカード

デイビットカードは、クレジットカードと違い即時決済なので利用すると同時に銀行から引き落とされるので現金払いとほぼ同じ感覚です。

団体での商品購入。どの決済方法がベスト?

例えば、試合でサッカーのユニフォームを皆でお揃いにする為に通販で頼む場合は、銀行振込が1番適しているでしょう。
なぜなら、団体での活動しているチームはみんなで日にちを決めて集金をし、銀行の営業時間内に振り込めば、支払いがスムーズであり、問題が置きにくいです。

まとめ

この様に、約7つの決済方法があります。
現金での支払い、銀行口座、クレジットカード払いとご自身の無理の無い決済方法で選べるのは魅力的ですね。
個人でも団体でも効率のよい決済方法を選択すればスムーズに商品が購入出来ます。
決済方法を理解した上で、自分のお財布と相談し、通信販売を利用しましょう。